ミャンマー介護 リモート交流会

入国待ちのミャンマー介護実習生13人と介護施設様のリモート交流会を2日に分けて行いました。

実習生の入国に対する不安や入国後の生活に関する質問に、施設様が丁寧に答えてくださいました。また、施設様の「日本に来たらどんなことに気を付けて働こうと思いますか」との問いに、実習生たちは、「健康」「安全」「お互いの協力」など、しっかりと返答していました。

入国が遅れている中、こうした面談が日本語勉強のモチベーションアップに繋がり、施設様とのコミュニケーションを図るいい機会となります。  ご協力いただきました施設の方々に感謝いたします。